「Owner’s Diary」の記事一覧

僕の夢。

Owner's Diary

仕事には「想い」が大事。 根っこの奥にある見えないものの価値が全てだと思ってます。 ブライダル事業を志し、すぐにスウィートブライドが生まれた訳ではありません。 右に行って、左に行って、時には大きく後退して・・・・ そんな・・・

こんな仕事のやり方でも・・・

Owner's Diary

この1週間で、昔の新郎新婦様と10組ほどお会いしました。 新規のお客様はなかなか来ないのに、 昔のお客様はいっぱい来てくれます(ハハハ) でもありがたいですね~. こんな僕でも会いに来てくれるだけで、本当に嬉しい。 昨日・・・

結婚式は一発勝負!

Owner's Diary

結婚式は一発勝負! 次回は無い。 リピーター商売で無いという事は、 この業界の最大のデメリット。 いくら当社がクチコミ紹介が多いと言えども、 周囲に予備軍がいないと紹介する方もしようがない訳で・・・ 「あそこのケーキ美味・・・

田舎の結婚式 / ロベール・ドアノー

Owner's Diary

1951年。 パリから南西340キロ、ポワトゥーにあるサン・ソヴァン村。 新郎ジルベール24歳、新婦アニー18歳。 若い2人の結婚式を撮影した写真集。 ウェディングプランナーの僕にとってはキラキラ輝く写真たち。 1951・・・

「家族婚」の選び方、探し方。

Owner's Diary

「家族婚」というのは、 その名の通り両親と兄弟の家族だけで挙げる結婚式のスタイル。 ウェディングプランナーとしては、 とてもやりがいを感じる結婚式のスタイルです。 そして逆にこれほど難しいと感じるスタイルはありません。 ・・・

「変わらない結婚式業界の体質」

Owner's Diary

BSテレ東「WBS」で今の結婚式事情が紹介されていました。 国民生活センターに年間約1600件のクレームがきてると。 例えば・・・ 相談日に今日成約したら安くするという事で申込を強要され、 その式場の空気にものまれ、その・・・

湘南の天気予報。

Owner's Diary

スウィートブライドのショップでは、 BGMで「湘南ビーチFM 78.9」を流している。 最近はアプリひとつで全国のコミュニティFMラジオが聴けるイイ時代。 全国の色んな放送局を聴き比べて、ここに落ち着いた。 理由は選曲の・・・

僕の初めてのプロデュース。

Owner's Diary

2003年11月30日。 僕が初めて1人でプロデュースした結婚式。 「カウスボレアーリス」というプロデュース会社を立ち上げたばかりで、まさに夢いっぱいの起業の第一歩でした。 披露宴会場は、田舎町の古い町営施設。 このCD・・・

真心と愛あふれるチーム

Owner's Diary

「中道さん、最近面白い結婚式あった?」 同業者、また知人からよく聞かれる質問です。 その質問の意味というのは、 変わった会場、面白い演出、大掛かりな演出・・・みたいなこと。 でも僕はイベント屋ではないので、 基本的な答え・・・

スウィートブライドの原点。

Owner's Diary

春から初夏に咲くデルフィニウム。 サムシングブルーのデルフィニウムは、 まさにスウィートブライドそのものだ。 毎年この時期にこの花を見ると、 今年もブライダルの仕事ができている事に感謝する。 最近、少しバイオリズムが低下・・・

ページの先頭へ