「Owner’s Diary」の記事一覧

「結婚式の本質」

Owner's Diary

ウェディングプランナーはとても地味な職業です。 僕は「黒子」というポジションが性に合ってる。 だからウェディングプランナーという仕事は、 とても僕らしいと思っています。 結婚式は華やかな舞台です。 でも反面その舞台裏は、・・・

自由と想像ができるチーム。

Owner's Diary

結婚式をサポートするウエディングスタッフは、 大きく二つのタイプに分けられます。 ひとつは大きなホテルや式場でしているスタッフ。 もうひとつは当社のような設備の整っていないような場所でしているスタッフ。 その二つの大きな・・・

「結婚式の光と影」

Owner's Diary

人の役にたとうと精一杯のお世話をすればするほど、 何かしら自分自身の中が壊れていくというか、重くなるような感じがする。 おそらくぼくは人のお世話をする事が好きなタイプだ。 だから新郎新婦お2人やご家族から難題をご相談され・・・

「良いお客様が良い会社を作る」

Owner's Diary

スウィートブライドのブライダルチームは、 人間性、仕事のクオリティ全てにおいて素晴らしいチームに育ちました。 仕事をしている僕たちがとても気持ちがいいという事は、 必ず新郎新婦様、またゲストの方々に伝わっているんじゃない・・・

「ゆるぎなき結婚」

Owner's Diary

マックスピカート著「ゆるぎなき結婚」。 この本は僕にとってバイブル的存在で、”結婚”とは何かを学んだ一冊。 ”結婚”とはこの世の最高の文化であり、 愛をもって存在するひとつの世界である、という事を説いてる。 距離を保ちな・・・

「一途一心」

Owner's Diary

ウェディングプランナーって、 病院の医者に例えてみると面白い。 ホテルや専門式場は大学病院の教授。 レストランやパーティー会場は公立病院。 設備や施設力、それから人脈とかしがらみとか、 色々ありそう。 そう思うと、僕はと・・・

「テーマやコンセプトは不要」

Owner's Diary

「ここにしかない結婚式!」 というようなキャッチコピーをよく目にする。 それは式場側の提案型スタイルである訳だけど、 僕は違う。 スウィートブライドは、 それぞれのお客様の色、空気で作り上げる。 ブライダル会社にテーマや・・・

「僕たちが正直であること」

Owner's Diary

僕はブライダルプロデュースという仕事を選び、 自分がいいと思ったものをお客様に提供するために、 組織ではない独立した会社を運営している。 自分自身がいいと思ったものを提供する、という事は、 僕自身の心を売る、という事に他・・・

「本当のアットホーム婚について」

Owner's Diary

結婚式は「晴れの日」「特別な一日」 そんな風に言われるものだからついつい構えてしまう。 僕は、「今日だからこそ・・・」と、 あまり力んでいいものにしようと思わなくていいと思う。 いつもの自然体の親子や家族の空気感がそこに・・・

さらに内面へ・・・

Owner's Diary

僕は、他社の企画やプラン、またウエディング情報誌などはほとんど見ない。 当社の結婚式は、十人十色で、お2人やゲストの空気によっていかようにも変化するからだ。 今の時代の流行りとかそういう事よりも大事な事ってたくさんあるん・・・

ページの先頭へ