「Owner’s Diary」の記事一覧(2 / 6ページ)

設立4周年。

Owner's Diary
_O9A0708

7月4日はスウィートブライドの設立記念日。 今日から5年目に突入する。 当社は、量産型のプロデュース会社ではないから、 ぼく自身の想いのままに運営していくのはとてもリスクが高い。 それが4年間もやってこれたというのは、ス・・・

想い出に残る結婚式

Owner's Diary
SB516-600600

想い出に残る結婚式 2014年5月… 新婦様には小5と小3の息子さんが2人。 そして新郎様である新しいお父さんはまだ出会って3ケ月くらい。 いきなり小学生2人の父親になるという事はすごい覚悟がいる事だ。 ぼく・・・

結婚式はイイものなんだ。

Owner's Diary
SB049

業界では、年間で1000組の結婚式をしてる会場はレジェンドと呼ばれる。 そして700組、500組、300組・・・・と、年間成約組数によって番付される。 それは「あの会場は1000組してるからスゴイ」という事の他に、 「あ・・・

ぼくが目指すプロデュース

Owner's Diary
IMG_1020-600

スウィートブライドのプロデュースはマイノリティである。 以前は、ホテルや専門式場に負けないようなレストランの会場創りであったり、 神社や寺院の宗教的な良さや結婚式の本質というものを説明する事に全神経を注いでいた。 それに・・・

次へ進むために。

Owner's Diary
IMG_1701

結婚式の仕事は、今更ながらに奥が深く難しいものだと思う。 もう少し「ビジネスだ」「金儲けだ」と割り切れれば気持ちも楽になるのだろうが、 あまりに真剣に向き合うとボロボロになる時がある。 それでも向き合おうとするのは、もっ・・・

運とご縁の中で・・・。

Owner's Diary
n-0720

いきなり宗教じみた話になるが、 書写山圓教寺での仕事は不思議なくらいに全ての事が好転していく。 結婚式という一日は、式場のように時間で制約をして自由度を消してしまわない限り、 本来はイレギュラーな事が当たり前にあって、当・・・

結婚式の仕事に想うこと。

Owner's Diary
IMG_1054-600

これまで立ち上げてきたプロデュース会社は、 あくまでもブライダル企業としてのビジネス経営を目指してきた。 業界の中でも、より地域に密着した進め方で会場を増やし、売上を伸ばす事に尽力した。 それは、ぼく自身の社会勉強でもあ・・・

円教寺に感謝。

Owner's Diary
SB112

会社というものは、 目標があり、理念があり、そしてカラーがあるものだ。 ぼくはブライダルプロデュースという業態の会社をこれまで4社立ち上げてきた。 そのそれぞれの会社には、それぞれのカラーがあるものだが、 それでも中道諒・・・

My Wedding BGM…

Owner's Diary
n-8967

結婚して20年になる。 将来、まさか自分がウエディングプランナーになるなんて思ってもいなかったけど、 余興を決めたり、サプライズを決めたり、そしてBGMを選んだりするのは楽しかった。 このCDは、20年前のぼくと妻の披露・・・

ページの先頭へ